2024年02月15日

青明舎1月行事 「2024 手作りくるみボタンで作るアクセサリー✨」 〜 好きな布で自分を表現しよう 〜


IMG_3914.JPG


皆さま、改めまして

             明けましておめでとうございます。

今年最初の行事は、120日に開催した手作りくるみボタンを使ってアクセサリーを作ってみました。参加者は4名のレディース達です。

くるみボタン!皆さんご存じですか?好きな布でボタンをくるむ、ほっこりしたボタンですがボタンだけでなく、それをアレンジしてアクセサリーにしてみました。

布だけで見ると、あまり冴えない感じの布も、ちょぴッとしかない布も、くるみボタンにしたら不思議と可愛くなっちゃいました💓

2024くるみぼたん1.png  2024くるみぼたん2.png

今回はボタンとしてではなくヘアゴム、マグネット、キーホルダーをそれぞれ作りました。どれもみんな可愛い✨そしてみんな器用に布をくるんで作り上げていました。プリントされた布からの良い柄探しのこだわりは、とてつもなく集中して皆さん取り組まれていました。

ぜひ、今回参加のレディース方の作品をご覧ください。出来たらできたで次のアイデアにスイッチが入ってしまったようで、おしゃべりに花が咲きました

2024くるみぼたん3.png

posted by こころすこやか財団 at 08:46| Comment(0) | 研修セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月01日

令和5年度「すこやか冬まつり」の報告

令和5年12月23日(土)田面木公民館にて「ここすこ冬まつり」を開催しました。コロナ禍以降開催できず、実に4年ぶりの開催となりました。

このイベントは、障害者や高齢者、認知症者とその地域に暮らす方々が交流できる機会を作る事を目的とした地域啓発事業の一つとなっています。

1階で切り餅、鏡餅の販売、お雑煮やお汁粉を提供し、来場していただいた方々に美味しく食べて頂くことができました。田面木婦人会が解散したと聞き、ご協力をいただくことはもうできないのかと肩を落としていましたが、元婦人会の方からぜひ参加したいとお声がけをいただき、今年もおいしいお雑煮をみなさまに振舞うことができました。元婦人会の皆様ありがとうございました。


冬まつり3.png    冬まつり6.png


2階では、茶居花・ベル・エポック様、わいわい様、大輪様、ひかり様、青森ワークキャンパス様の計5か所の就労継続支援B型事業所の皆様にお越しいただきました利用者様が作った作品や、パン・クッキーなどの販売や、フリーマーケットを催してくれた事業所様もあり、とてもにぎやかな雰囲気で、来場した方々も楽しんでくれました。


冬まつり2.png    冬まつり4.png


同じフロアでは、八戸西高校の学生ボランティアの皆様のお手伝いもあり、ダーツや射的を楽しむお子様たちの歓声が聞こえてきて、私も思わず楽しくなりました。


冬まつり7.png


4年ぶりの開催ということや、例年とは少し趣向を変えた形式のイベントでもあったため、不安を持ちながらの開催となりましたが、来場された皆様、学生ボランティア様、元婦人会の皆様のご協力により、大盛況で無事終えることができました。感謝いたします。

コロナウィルスが第10波到来と、まだまだ終わりが見えなく不安ですが、今回を契機に来年度も地域普及啓発の一環として、法人職員一同イベント開催に向けて取り組んでいきたいと思いますので、宜しくお願いいたします!!


posted by こころすこやか財団 at 15:22| Comment(0) | 研修セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月25日

令和5年度 認知症事例検討会

令和5128日に、八戸市内の介護支援専門員、相談支援専門員を対象に認知症事例検討会を開催しました。新型コロナウイルス第5類になり3年ぶりにすこやか会館にて、対面形式で開催しています。

対面形式で行うことで、介護支援専門員、相談支援専門員同士の顔合わせや情報交換の場を設けること出来ました。

今年度は、「家族支援の必要性 個々に対するアプローチを考える」をテーマに、事例から考えられる課題と解決策について意見交換を行っています。

皆様、活発に意見交換をしていたのがとても印象的でした。


今回の事例は、下長・上長地区高齢者支援センターはくじゅ様に提供していただきました。はくじゅ様には、忙しい中、資料等を作成していただきありがとうございました。

また、参加者は市内の介護支援専門員、相談支援専門員の方23名が参加をしていただいています。

5グループに分かれ、意見交換(グループワーク)を行い、意見や考えを聞き、実際の対応例を知ることで、支援において新たな視点を見つけることが出来たのではないかと思います。

参加者の感想として「同業者でも多種多様な考え方があり、今後の業務への知識になった。」、「初めての参加で、事例から見えた対象者(家族含め)の課題を考え出す事で精一杯でしたが、グループ内でいろんな視点から課題を出した事、支援制度等もあるのかと勉強になるグループワークでした。」、「いろんな視点からのアプローチ方法等今後に活かせる事もありました。」等の学びが多く、とても有意義な検討会となりました。                   

今後もこのような機会があれば是非参加したいとのお話も聞かれておりましたので、次年度も開催出来るよう取り組んでいきたいです。         

参加していただいた皆様ありがとうございました。次年度は、暖かい時期に開催出来たら良いですね。皆様の参加をお待ちしております。

編集 金澤

posted by こころすこやか財団 at 08:52| Comment(0) | 研修セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする